ノンエーは使い方を間違えても効果あるの?

ノンエーは使い方を間違えても効果あるの? ということですが、使い方が間違っているのに効果があるなんて考えているんですか、と、逆に聞きたいですね。

 

 

使い方を間違えるとは、どういうことでしょう。

 

いちばん考えられるのは、正しい洗顔方法でノンエーを使っているか、ということです。

 

正しい洗顔方法とは、ノンエーをしっかり泡立てて、しっかり流しているか、ということです。

次に考えられるのは、ノンエーを使っての洗顔を、1日何回しているか、ということです。

 

基本は、朝1回夜1回の1日2回です。場合によっては、夜1回だけです。朝は、ぬるま湯で流す程度です。

 

ノンエーで早く効果を出したいと思って、1日4回も5回も洗顔しても、かえって肌を炒めてしまうものです。

 

 

それから、肌に刺激を与えないで、洗顔、流し、タオルオフをしているか、ということです。お湯を40度の熱湯にして、シャワーで勢いよく顔に当てているとしたら、それは間違った使い方です。せっかくノンエーで洗顔しても、肌には刺激となっています。

 

タオルオフの時にも、タオルでごしごしこすってうるのであれば、肌には刺激です。タオルは、ふわっと顔に当てて水分だけを拭き取らせます。

 

 

ノンエーでの洗顔は、使い方を間違えると効果は期待できません。

 

つまり、ノンエーをずっと使っているけれども、なんだか効果が実感できない、という人は、自分がきちんと正しい使い方をしているのか、検証してみる必要があるということです。

 

 

ノンエーの使い方紹介

 

ノンエーの正しい使い方を紹介しますので、参考にしてください。あわせて、ノンエーを通販販売しているプライマリーのホームページも、一度チェックしてみてはどうでしょう。

 

 

ノンエーは、朝1回夜1回の1日2回洗顔です。それ以上は、洗いすぎて皮脂分が失われてしまいます。また、朝hぬるま湯で流すだけ、夜1回ノンエーでの洗顔、という方法もあります。

 

 

ノンエーを使う回数は、自分の肌と相談してくださいね。

 

まず、ノンエーで洗顔する前に、顔をぬるま湯で流します。水でも大丈夫です。ざっと、表面の汚れを落とすのです。

 

それから、ノンエーの泡立てネットをだして、ノンエーの固形石鹸を4~5回、こすりつけます。泡立てネットを少し濡らして、泡立てていきます。泡立ちが少ないな、と思ったら少しだけお湯を足してください。水分が多すぎると、しっかりした泡になりませんから、水分は少しずつ様子を見ながら足していきます。

 

弾力のある細かい泡ができたら、泡を顔に乗せていきます。

 

 

1分ほどかけて乗せ、1分ほどぬるま湯で流します。流し残しがないように、チェックしてください。

そのあと、タオルで水分を拭き取ります。ごしごしこすっては、刺激になってしまいます。タオルを顔にそっと当てて、水分だけを拭き取ってください。

 

 

洗い上がりが、なんだかつっぱるなあという時には、ノンエーローションやノンエージェルで、保湿してあげましょう。

 

 

これを、毎日続けます。

ノンエーの使い方を紹介しました。

 

 

→ノンエーが最安値の公式サイトはこちら