ノンエーは敏感肌ニキビに使っても危険はない?

ノンエー敏感肌ニキビ

 

ノンエーは敏感肌ニキビに使っても危険はないでしょうか。

ちょっと考えられません。

 

敏感肌の人は、ノンエーの成分が気になります。

 

ノンエーは、自然のものからできています。特に、ニキビケアサポートのために入っているグリチルリチン酸ジカリウムは、植物の甘草から抽出された成分です。また、毛穴引き締めのために入っているダイズエキスは、その名の通り大豆からの成分です。

 

 

また、着色料、香料、エタノール、鉱物油は入っていません。これで、成分の刺激という心配は解除されましたね。

 

 

では次に、洗顔時の刺激について考えてみましょう。

 

手と肌が直接触れると、摩擦という刺激が発生してしまいます。

 

けれど、ノンエーの洗顔では、摩擦はありません。なぜなら、弾力のある細かい泡でのクッション洗顔だからです。手と肌の間には、泡というクッションが入りますから、直接触れるということはありません。

 

これで、敏感肌の人でも、安心してノンエーを使うことができます。

 

 

ただ、体質に合うかどうかわからない不安、という人は、のんえーを初めて購入する時には、必ず公式サイトから購入してください。

 

初回限定特典の中に、全額返金保証制度があるのは、公式サイトだけだからです。もし満足できなければ、ノンエーを返品して返金してもらうことができます。

 

ノンエーは敏感肌ニキビに使っても、基本的に危険はありません。

 

 

 

ノンエー洗顔で敏感肌が注意することは?

 

ノンエー洗顔で、敏感肌が注意することといえば、何といっても刺激しないことです。

 

肌に刺激を与えないで、正しく洗顔すれば、毎日の洗顔でニキビは改善されるはずです。

 

 

では、どんな時に刺激を受けてしまうのでしょう。

 

洗顔そのものは、ノンエーでは泡立ててのクッション洗顔です。泡立てネットを使って、弾力のある細かい泡をしいかり作りだせば、手と肌の間に泡が入って刺激は回避されます。

 

次に、泡を流すときです。

 

熱湯は肌に刺激です。勢いよく出るシャワーを直接顔に当てると、刺激です。

 

なので、ぬるま湯を手に取って泡を落としていきます。手でこするのではなく、ぬるま湯を当てるようにします。ニキビの洗顔では、手てこするというのは、どの過程でも刺激なので、避けます。泡の流し残しがないように、ぬるま湯で流します。

 

そのあと、最後に、顔の水分を拭き取ります。

 

ここでも、やはり刺激のないようにやさしく拭き取ります。つまり、タオルでごしごしこすってはだめです。タオルは、そっと顔に当てるだけです。これで、水分だけを拭き取っていきましょう。顔に当てるときに、ふんわりやさしく、です。ぎゅーっと押し付ける必要はありません。

 

 

ノンエー洗顔で、敏感肌の人が注意することは、洗顔時に刺激しない、流す時に刺激しない、タオルで拭くときに刺激しない、ということです。

 

 

→ノンエーの最安値価格をチェックする